どうやるの?ページ記述のやり方

現在は難しい事を覚える必要はなくなりました

HP作成は、1990年代から2000年代初頭あたりはまだ格安CMSもなく大変でした。特に個人に関しては自分で1ページずつHTMLファイルを作って正確なページ内タグ記述をしてファイルをアップするという形でHPを公開する人も多くいました。そして、その場合は更新をする際も直接HTMLをオフラインで編集してFTPソフトを使ってアップロードするというような地道な作業が必要でした。HPで使う画像もフリー素材サイトから見つけてきてFTPソフトで画像をアップする、というように個人がお金をかけずにHP作成をするのは大変で、デザイン性に関しても最低限の物しか作れない状態でした。しかし、2000年代半ばにブログが登場し、まずブログ形式のサイトが難しいページ記述知識必要なく作れるようになりました。さらに簡単にプロ並みのデザイン・レイアウトのブログを公開できるため、HP作成技術の歴史にとって画期的な出来事でした。

現在大規模サイトも難しい知識知らずに作成可能

ブログ形式のサイトというのは日記的な構造のサイトしか作れないのが大きな問題で、特に企業サイトのCMSとしては向かないものでした。しかし、2000年代後半からサーバインストール式ではないクラウド型CMSの登場により、ページ記述に関する知識いらずでブログのように操作画面から日記的ではなくツリー型の本格的なサイトが作れるようになりました。そして、当初それらのクラウド型CMSは料金が高かったものの2010年代に入って相場が下がり始め、今では月額1000円程度で3000ページ規模の大規模サイトが個人でも容易に作れる時代となっています。そして、ブログ同様にワンタッチでレイアウトが変更できるため、画像作成も自分で行う必要なく、お好みのオシャレな雰囲気のサイト、クールな雰囲気のサイトが作成可能です。

ホームページ作成講座の場合、基礎から応用まで丁寧に学べるため、初心者でもスムーズにスキルアップを図れます。